士業がコンサルで稼ぐ方法

士業がコンサルで稼ぐ方法を具体的にお伝えします。

山口 章 1970年生まれ。高知県出身、愛媛在住。 社会保険労務士、全米NLP協会公認トレーナー。 コンサル士業実践会主催 起業家ネットワーク・アウトカムクラブ主催 PCプログラミング会社、訪問販売会社、観光ホテルに勤めたのち、2008年に社会保険労務士として独立。 現在は、社労士事務所はスタッフに継承し、地方で起業する個人事業主を中心にマーケティング、心理学を活用したコンサルティングを行っている。年間30回以上の講座を開催。20代から70代の幅広い年代層のクライアントを抱え、延べ100人以上のコンサルティング実績を持つ。 顧客の心理を鷲づかみにする集客からセールスの仕組みづくりを指導。クライアントの隠れた強みを引き出す心理カウンセリングも喜ばれている。 実は、起業後まもない頃に「死を意識」した経験がある。顧問先社長に無理難題を押し付けられ連日徹夜、さらには、顧客獲得のために連日連夜、交流会に参加し続けたのが原因で高熱を発し、事務所で1人にいる時に倒れ、病院に担ぎ込まれる。それを機に「下請け的な仕事のやり方ではダメだ!」と「マーケティング」の必要性を痛感。 ワラにもすがる思いで、カリスマ起業家・平秀信氏に弟子入り。平氏との初コンサルの場で、それまでの人生を一変させる衝撃的な体験をする。 「カツラを捨ててください」 一瞬でカツラを被っていることを平氏に見抜かれ「山口さん、カツラを捨ててください。自分に嘘をついていてはダメです」とズバリ言われ、その場でカツラを捨てることを決断、本当の自分を開放する。 その体験を自分の強みに変換し、平氏より学んだマーケティングで、あっという間に事務所経営を軌道に乗せることに成功。 現在は事務所を後継者に譲り、同じようにたった一人で苦労を重ねている起業家の支援を始める。心理学をマーケティングに活用した指導法で、20代から70代までのクライアントから絶大な信頼を集めている。 年間30回以上の自主開催講座を開催。行政、倫理法人会、中小企業家同友会などからの依頼で講演も行っている。2011年からは、愛媛県社会保険労務士会幹事も務める。 「一発で強みを相手に伝える」 自身の体験から、顧客に対して隠れた自分の強みを一発で伝えることの重要性を実感。心理学とマーケティングを組み合わせ、理想の顧客に一発で魅力を伝える「戦略型プロフィール」を考案。 四国を拠点に、地方で起業した美容師、整体師、士業、トレーナーなど、自分自身の強みで勝負している個人ビジネスの強みを100%引き出す戦略型プロフィールを軸に、自己ブランディング、SNS集客からメールセールス、会員構制までのプロモーションを支援。 大企業が少ない地方で個人ビジネスを活性化させ、みんなが生まれ育った故郷に誇りを持って暮らせる世の中にするのが夢。 プライベートでは二児の父。妻は赤ちゃんの時に左目を失い、結婚後も脳腫瘍の後遺症により右耳の聴力を失う。家庭も大切にしながら、仕事も全力で頑張っている。 マラソンが趣味で、日本全国のマラソン大会にも出場。20代にテントと寝袋だけを持って、バイクで日本一周。どんな場所でも寝れる特技を持つ。好きな食べ物は「卵かけご飯」。
プロフィール
id:consultant-shigyo はてなブログPro
ブログ投稿数
21 記事
ブログ投稿日数
19 日